2009年の夏休み

忍術修行

今年も忙しい盆休みがやってまいりました。

13日

昼から深夜までがっつりと自宅で仕事。休みの意味なし。泣けてくる。

14日

7時過ぎに大阪を目指し出発。愛車Puntoはかなりのお金をかけてオーバーホールしたので、すこぶる快調。43号線から厚木で東名。地震で欠落した牧之原あたりは、関係車両がものすごい台数。小石を積んだトラックだけでも20台以上あったのではないか。復路もこの道を通られるのか若干不安。伊勢湾岸道から新名神。かなりの強風で、何度もハンドルを取られる。名神茨木で降り実家へ。旅程を組んだ頃は、お盆の1,000円高速ということで想像を絶する大渋滞を覚悟していたが、地震の影響で渋滞はほとんどなし。 久しぶりの実家は相変らず。娘が母が2年ほど前に買ったMTB(ルック車) を譲り受けたので、早速練習。ぎりぎりペダルに足が届くフレームサイズ。妻は同窓会。それ以外のメンバーは千里中央のホテルで食事。

15日

午前中は自転車で近くの公園。昼からは、娘、妻、弟Tは近所のプール。私と弟Mはプールのそばのグラウンドでキャッチボール。弟とキャッチボールするのは、おそらく25年ぶりくらい。弟は草野球とはいえ現役なので、そこそこの球を投げる。中学の時の野球部員のその後などを語りあいながら、軽く30球、そこそこ強く20球ほど投げれば肩が悲鳴を。翌日は肩、肘、脇腹、膝と右半身が全滅。 夕方、阪神高速で堺の妻の実家へ。近所の洋食屋で食事の後、新築の義妹夫妻宅で花火。甥は、かなり喋れるようになっていた。

16日

9時半頃妻の実家から出発。目指すは修善寺。名神の渋滞を避け、かつ高速料金を抑えるため、西名阪から名阪国道。そして往路と同様、伊勢湾岸道から東名というルート。亀山あたりでやや渋滞。東名富士あたりでかなりの渋滞。昨日深夜にようやく復旧した牧之原を通る。工事関係者の方々ご苦労さまでした。 ホテル着は17時頃。修善寺の温泉街からは少し離れた立地。部屋は広いが建物はかなり古い。プールと風呂が合体したような「プーロ」でひと泳ぎして食事。フロントでもらった花火。温泉に入って寝る。

17日

10時前にホテルをチェックアウト。テーマパーク「虹の郷」へ。「忍術学校」なるものが開催されており、手裏剣や弓矢などの実習。1時間ほどかけて無事免許皆伝。昼にそばや鮎の塩焼を食べた後、人工の沢で水遊び。沢蟹を数匹捕まえる。ここのローラーすべり台は全長100mということで、ローラーすべり台マニアの娘も「今までで最長」というくらいの代物。私も一緒にやらされる。並のジェットコースターより怖かった。開園直後から閉園の15時までたっぷり遊んだ。地味ながら、大変良いテーマパーク。 帰りは、伊豆スカイラインから箱根ターンパイクあらためTOYO TIRES ターンパイクを抜けて西湘バイパス。結局、この帰省で一番の渋滞が地元の西湘バイパスの終点というオチ。 134号線へ出て、茅ヶ崎の「あさまる」で打ち上げ。やはり地元の魚が一番うまい。 自宅へ帰った娘の第一声は、「あーあ、やっぱりみすぼらしい家が一番ええわ」 でした。 以下、「虹の郷」の写真。

園内を走る日本で唯一の15インチゲージ鉄道

園内を走る日本で唯一の15インチゲージ鉄道。

「串や」の鮎の塩焼

「串や」の鮎の塩焼。甘露煮もサービスでいただいた。うまいし、安い。観光施設内ではめったにないこと。

聖ルチア女学園門柱の前で

ドラマ「メイちゃんの執事」のロケ地。聖ルチア女学園門柱の前で。

カレイドスコープミュージアムの等身大万華鏡

カレイドスコープミュージアムの等身大万華鏡。小さいながら、良い博物館。

忍術修行

忍術修行。

カテゴリー: