樹ガーデンから鎌倉中央公園

先週に引き続いての、娘の自転車トレーニング。目的地は、鎌倉の「樹ガーデン」。

そこそこ長いイイ感じの坂の上にあるので、すべてダンシングで尻をサドルに付けずに一気に上る。ラスト300mのスプリントを安全に練習をするのが目的。

手広から深沢、八雲神社前を左折して市役所通り。尻をサドルに付けずに上るのは無理であったが、まあまあ頑張っていた。

レンガで組まれたセミラミスの架空庭園

レンガで組まれたセミラミスの架空庭園。店主がひとつひとつ手で積んだというから驚きだ。桜がパラパラと咲いていた。

頑張ったで賞の鎌倉サイダー

頑張ったで賞の鎌倉サイダー。

そろそろ帰るかと席を立つと、「公園に行きたい」と娘。ここは公園みたいなもんやんけと言えども聞かず。仕方がないので、そこそこ近い鎌倉中央公園に赴くことにする。 鎌倉中央公園といえば、娘にとっては因縁の公園である。昨年春に行ったのだが、さんざん迷ったあげく到着が閉園間近かになり、守衛のおじさんに入園を断わられ大泣きしたのだ。

「あん時おまえ、ブチ切れて "こんな公園、二度と来たらへんわ" とかゆうてたけど、行くのんか?」

「え?・・・・・・ようわからんけど行くわ」

どうやらすっかり忘れていたようだ。そして、あの時のセリフは忘れることにしたようだ。 来た道を引き返し、梶原口交番前を右折。しばらく行って左折すると、斜度20%ありそなとんでもない坂が聳え立っている。私は嬉々として登坂するが、妻と娘は押して登る。 頂上のロータリーからしばらく下れば右手に鎌倉中央公園。約24haの広い里山公園。

和紙の原料ミツマタの花

迎えてくれたのは和紙の原料ミツマタの花。

子供はこういう場所にくると必ず棒きれを持つのはなぜだろう

子供はこういう場所にくると必ず棒きれを持つのはなぜだろう。後ろにあるのは小麦畑。

写真を見ると楽しげだが、娘はここまで「遊具がない。野原しかない。木ばっかりしかない」と文句タラタラ。しまいには、「こんなに遊具がないんやから、今度の誕生日にはジェットコースター買って欲しい」とか支離滅裂なことを言い出し、妻に「あんたはどこのマイケル・ジャクソンの子やねん」と大阪式に厳しく叱責される。

林を越えた先の谷戸

林を越えた先の谷戸。いきなり時空を越えたThe田舎な風景が広がり、びっくり。

谷戸の中央に建つ休憩所

谷戸の中央に建つ休憩所。農具の展示あり。

水田にはおたまじゃくしがウヨウヨ

水田にはおたまじゃくしがウヨウヨ。

ひとしきり遊べば、今度は「おやつ食べたい」を300回くらい繰り返えす。あんまりしつっこいので、「帰りの登坂で尻つかずに登ったら、何か食わしてやるわ」と言ってしまう。 娘のおやつパワーはやはりものすごくて、グイグイと一気に頂上まで駆け上った。 「登った! 登った! おやつ! おやつ! 」 「頑張ったなー、帰ったらうまい棒こうたるわ」 「えええっ?うまい棒?何でよ ! そんなんあかん。10円くらい持ってるし! うまい棒なんてあかん。ずるいわあかんでそんなん !」 上記セリフを延々と10分以上繰り返しながらチャリを漕ぐ娘。根負けして、深沢のコメダコーヒーへ。

オレンジジュースの特大ボトル

オレンジジュースの特大ボトルに、デニッシュにアイスクリームがのったシロノワール。至福の時。娘の自転車のトレーニングは、ヘンな金がかかってかなわん。これではいかん。妙な術中にはまってるやんけ、俺が。

カテゴリー: