藤沢駅のナイスガイ

「少なくとも、列車内や駅構内では、関東より関西のほうがマナーが良いですよ」 と言うと、たいていの関東の人は苦笑しながら「またまた、冗談でしょ」と信じてくれないのですが、本当ですってば。

通勤キャリア関西7年、関東6年、そのうち大阪・東京間遠距離通勤1年半の私が言うのだから間違いございません。もちろん、路線にもよりますけどね。

関東はひとことで言えば暴力的です。肘や膝でグリグリされるのは毎日のことですし、座ろうとしたら横から突き飛されて席を横取りされたり、髪を引っぱられたり、信じられないことに車両内でおしっこをかけられたこともあります。

関西もマナーが良いとは言えないのでしょうが、関東みたいにいきなり暴力に晒されることはありません。何はともあれ先に言葉でコミュニケートしますからね。

関東では、関西人、特に大阪人は下品でマナーが悪いというイメージがメディアを通じて固定化されてしまっているので、私の言うことを信じてもらえないのはしょうがないですが、これより酷いと思われている上方の人達が不憫でなりません。在京メディアのみならず、在阪メディアも「関西=マナー悪い、こわい」という情報操作に加担しているのでどうしようもないですわね。

藤沢駅でおっさんに絡まれた話を書こうとしたら、枕が長くなってしまいました。 面倒くさくなったのではしょりますが、要するに駅構内のキオスクで買いものしようと列に並んだら、おっさん(50代前半スーツの男性)が強引に横入りしてきたので当然のごとくしかし疲れてるので気弱に「ちゃんと並んでくださいよ」と意見したら「てめえがぼやぼやしてるからだろが、バカ」と丁寧な反論を受けたので首まで血が上りかけたところ、なぜか私より先にキオスクの店員さん(20代イケメン)がキれて、「何だその言い方は!あんたが悪いんでしょ。ちゃんと並びなさいよ!」と一喝すると、おっさんは一瞬でおとなしくなったので、トラブルなく帰ってきたという話です。

藤沢駅のキオスクの店員さん、ちゃんとお礼を言えなかったけど、マジありがとう。通勤地獄に舞い降りた熾天使みたいに見えましたわ。

カテゴリー: