至高の自転車用カメラバッグを求めて

[G2:3909]

今年頭から写真にハマり、そこそこ機材も揃ってきたわけで、そうなると欲しくなるのがカメラバッグ。ワゴンセール300円で買ったバッグはさすがに限界。

私が求めるカメラバッグの条件は以下のもの。

  • 自転車で運べる(移動はほとんど自転車なので)
  • ショルダーバッグである(スナップが主なので、リュックは不可)
  • それなりのファッション性(あからさまにダサくなければよい)

そんなバッグはよりどりみどりであろう、と思っていたが、さにあらず。全然ない。いやホントに。

まず、カメラ屋に置いてあるバッグはどれもダサい。そんなはずはないと思って、けっこうあちこち回ってみたが、やっぱりダサい。ファッションにはあまり興味のない私がそう思うのだから、かなり絶望的なレベルではないだろうか。アウトドア用品は随分とオシャレになったのに、カメラ用品は随分と立ち遅れてるように感じる。

自転車で使えそうなものも皆無。唯一、クランプラーのものが何とかなりそうであった。もとよりメッセンジャーバッグのメーカーであるし、デザインも私の趣味ではないがそこそこ良い。「5Million Dollar Home」などは、どこのカメラ屋にも置いてあり、見た目メッセンジャーバッグそのもので、カメラ1台、レンズ2、3本が入る手頃な容量。仕切りもしっかりしている。これでいいやと一瞬思うが、致命的な欠点に気づく。メッセンジャーバッグのような顔して、何と腰ヒモがないのだ。これで自転車に乗るのはかなり危険である。残念ながら使えない。

その後の調べで、クランプラーの製品にはカメラ用インサートがあることが分かった。つまり、「ウェスタンローン(The Western Lawn)」などのちゃんとしたメッセンジャーバッグの中に、そのインサートを入れたら自転車用カメラバッグになるよ、と。

よしこれで決定、と思ったが、インナーのサイズさえ合えばバッグはなにもクランプラーでなくてもよい。クランプラーのメッセッジャーバッグも悪くはないが、私のようなオジサンにはデザインがヤングすぎてちょっと恥しい。

ということで、クランプラーのカメラ用インナー「ザ・バケット BU-02A」にピッタリ合うサイズのメッセンジャーバッグをあらためて探すことに。

数多くのメッセンジャーバッグを検討した経緯は省略して(1ヶ月くらい悩んだ)、見事私のお眼鏡に適ったのは、コレだ。


PORTER ウィルダネスサイクル メッセンジャーバッグ M

まず、BU-02Aにピッタリのサイズである。そしてメッセンジャーバッグにもかかわらず、底面が四角い。クランプラーのバッグよりもピッタリさ加減では上である。ちゃんと床や地面に置ける。デザインは、前面と底面に皮があしらわれたローテク&レトロなアウトドアブランドっぽいもので、街中でもフィールドでもピッタリくる使い回しし易いものである。その他、

  • メイン素材はデュポンのコーデュラナイロン
  • 前面のファスナーポケットの容量はかなり大きい。B5でマチが10cmほど。ポンプ、ポケット工具、パンク修理キット、補給食などはまとめて余裕で入る。
  • 中はターポリンだが、カブセの防水性は低い。これはちょっとアンバランス。
  • 肩ヒモの調整部は歯付きのスチール。ここだけ本格的。
  • 腰ヒモは左右付け変えられるので、右肩左肩OK。
  • カラビナなどを付けられる皮パッチが、前面、かぶせ裏、底面各々2個づつの計6個。オシャレかつ実用的。
  • 細部の作りは吉田かばんらしく、丁寧。

[G2:3917]底面はこんな感じ。

[G2:3941]横から。

[G2:3925]中にはカメラ用インナー。さっと取り出せば普通のメッセンジャーバッグ。

[G2:3933]

インナーの蓋も開けないとカメラにアクセスできないのがちょっと面倒。

そんなこんなで準備万端なのですが、雨続きでまだ1回しか使ってませんわ。

それにしても、これだけスポーツ自転車が普及して楽しみ方も広がったのに、用品は全然追いついてませんな。自転車 + カメラは絶対流行ると思うけどなあ。

カテゴリー: