源氏山で泥だらけ

[G2:3485]

いつものごとく家族3人自転車で出かけようと思っていたのですが、今日はあいにく昼過ぎから雨かもという予報。よって、珍しく電車でお出かけ。

何処に行くか悩んだが、たまには普通の観光客っぽく鎌倉に行こうということで、東海道線大船駅から横須賀線鎌倉駅。列車内は寿司詰め。駅を降りれば人人人。江ノ電の券売機には長蛇の列が通りを渡って数10m。

人込みを縫って市役所通り。今日は銭洗弁天から源氏山公園の鎌倉観光黄金コース。実は私は銭洗弁天を訪ずれるのは初めてである。あまりに品のないその名前故に足が向かなかったのだ。

[G2:3339]

トンネルの入口。ものすごい人。

[G2:3364]

中も当然ものすごい人。

[G2:3372]

ゼニ儲けの為その1。線香を火にくべる。

[G2:3380]

ゼニ儲けの為その2。蝋燭設置。計3ヶ所に設置せねばならないが、知らずにここに3本立ててしまった。

[G2:3412]

ゼニ儲けの為その3。この長蛇の列に耐えて、本宮にお参り。

[G2:3436]

ようやく洞窟の中の奥宮へ。

[G2:3452]

ゼニ儲けの為その4。ゼニ洗うで、ゼニ!明日から大金持ちやで!

ということで、明日から我々はビリオネアです。

銭洗弁天を出て、源氏山公園へ登る。フラフラしていたら本格的な山道。何から知らんがハイキングコースに入ってしまったようだ。娘の希望によりそのまま突き進む。

[G2:3468]

腹減った。妻が朝焼いたパンでランチ。曇りで山の中なのですごく暗い。あまり爽やかな気分ではない。

進むに従い、道が泥濘るんできた。ドロドロのヌルヌルですぐに滑って危険であるが、逆に娘のハートに火が点いたようで軽快にスキップしながら突き進む。

大仏方面と佐助稲荷方面の別れ道。今にも雨が降りそうなので、当然佐助稲荷方面へ。しかしこちらはかなり急な斜面を下りなければならない。しかもドロドロに泥濘んだ中を。

[G2:3501][G2:3485][G2:3493]

ロープやら鎖やらを伝いながら、決死のアドベンチャーが展開される。泥に足を取られると崖から転落。マジに危険である。娘は大張り切りであるが、やはり気が気ではない。

[G2:3517]

ようやく佐助稲荷に到着。死ぬかと思った。

[G2:3509]

お狐様、守ってくれてありがとう。

[G2:3541]

石段。やっぱり石はよい。死ね、泥。

[G2:3313]

市役所通りまで戻り、「SEA-TAC Cafe」で休憩。藤沢に戻り、日影茶屋のかしわ餅。今日は子供の日。

カテゴリー: