鎌倉をぶらぶらと

[G2:2965]天気が良かったので、娘と自転車で鎌倉へ。買い物しようと思ったので、妻のMTBにカゴを付けて出発。

手広から市役所通りへ。坂をエッチラオッチラ時速7kmの超スローペースで登る。下りはじめると観光客だらけ。春ですなあ。

[G2:2836]娘のリクエストで、市役所前のスターバックス。おそらく日本で一番オシャレなスタバ。元は横山隆一の邸宅。中庭にプール。今日もスノッブな方々で混み混み。オシャレすぎるせいで、この店は回転率がメチャメチャ悪い。待ってても仕方がないので、向いのバス停のベンチでフラペチーノをすする。すると、席にあぶれた観光客の皆さんが次々とやってきて、ベンチは寿司詰め状態。席を詰めあって妙に和やかな雰囲気に。春ですなあ。娘が色々やらかして変な笑いをとる。

駅前を抜ける。信号を渡ろうとすると、娘が左折の営業車にクラクションを鳴らされる。何事かと停って睨みつけると、オッサンがわざわざ窓を開けて、「信号赤だろうが!」と叫んだ。その後ろの車のオッサンも一緒になって「赤だよ赤!」と合唱。

警察はこういう無知蒙昧で攻撃的な方々に免許を与えるなと声を大にして言いたい。こっちは歩道を走らずに、車道を走って車両用の信号に従っている。それは自転車が道路交通法に定められた車両であるからだ。私は娘にもそう教育している。なぜなら、何度も言うが法律にそう書いてあるからだ。歩道者用の信号に従い、歩道を自転車に乗って走行すると道交法違反である。しつこく書くが、自転車は車両である。

ついでに書くと、威嚇としてクラクションを鳴らすことは道路交通法違反である。相手が幼児ならなおのこと。ビックリして転倒する危険が大きいのは誰だって分かるだろう。はらわたが煮えくりかえる思いであったが、交差点を走行中の車に説教する訳にもいかない。

ちなみに、私が娘に自転車は車両だからなるべく車道を走るようにと教育しているのは、法律がそうなっているということもあるが、歩道を走るより車道を走るほうが安全だからである。自転車の事故はほとんどが歩道を走行中に横から来た車や歩行者と出会い頭に衝突するものである。車道を走れば、こういう事故に巻き込まれる危険は少ない。もちろん、時速80kmでトラックが行き交うような道路では緊急避難的に歩道を走らせる。これは道交法で認められている。

ということで、相手の非であるとはいえ、トラブってしまって娘に悪いことしたなあと反省しつつ、レンバイ(鎌倉市農協連即売所)へ野菜を見に行く。

[G2:2972]リーフチコリー、イタリアン菜の花が出てたので、今日は春野菜のパスタにすることに。娘に「何でもいいから食べたいもん選べ」というと金時人参を選んだので、これも入れることに。

まだ時間があるので娘に行きたい場所を聞くと、「神社」。では御霊神社へ行って、妻への土産に力餅でも買うかな、と下馬の交差点から由比ヶ浜大通りを西へ。長谷を南下して、坂ノ下。江ノ電を跨いで御霊神社。

[G2:2873]長谷は観光客が溢れていたが、ここは静か。娘はベンチに座って菓子を貪り食う。食った後は賽銭やおみくじを所望しまくるという、いつものパターン。

[G2:2929]門のすぐ前を走る江ノ電。江ノ電が周りの風景にほどよく溶け込む理由のひとつは、音があんまり煩くないからだと思う。ここは撮り鉄の皆さんの間では超有名ポイント。今日はいなかったけど。

娘のリクエストで虚空蔵堂でも御参りした後、極楽寺切り通しから江ノ電にずっと併走して行合橋で134号へ。あ、妻に力餅買うの忘れた。

腰越の浜にわかめ干し。近くで見たいという娘のリクエストに答えて(今日はずっとリクエストに答えてる)、自転車を乗り捨て、浜へ下りる。

[G2:2837][G2:2800][G2:2829]腰越名物わかめ干し。ちなみに、一袋1,000円也。買ってくれ、と情けなくも泣きながら訴える娘のリクエストは、「高いから」という明確な理由で却下。娘はたくましくも、落ちてるわかめを二葉拾って、私の自転車の籠に入れた。

[G2:2822]明日から小学生だというのに、わかめをグルグルと振り回し幼稚くさくふざけまくる娘。

野菜だけというのも何なので、腰越の魚屋を見て回る。店仕舞い前でどこもいいのがなかったが、何となく平勝魚市場で平目をゲット。腰越から境川沿いに帰宅。走行距離約18km。

夕食は、レンバイで買った春野菜に腰越で買った平目のポアレを添えたパスタ。平目で取ったダシに娘が拾ったわかめを入れた吸い物という和洋二段構え。お味はまあ私が適当にアドリブで作ったものなのでアレでしたが。

明日は入学式。

カテゴリー: