湘南ビバップ

本日(10/1)から、藤沢の家庭ゴミが有料化された。藤沢は以前よりかなり細かくゴミを分別させるので、有料化したってたいして家庭ゴミは減らないと思う。

とりあえず、あのケバケバしいピンクとか黄色の指定ゴミ袋の色は再考して欲しい。目が痛い。

少々旧聞に属することではあるが、Klein(自転車メーカーね)の2008年モデルが発表になった。私はKleinの自転車に乘っているとはいえ、ファンというわけではないので特に注目していなかったのだが、何と2004年に発売されて1年でカタログ落ちしたAuraが復活していた。

最近あまり走ってないので(自転車で)、久しぶりに三浦半島を1周してみようと思い立ち、すぐさま出発。

今回は、藤沢から鎌倉の朝比奈峠を越えて金沢に出て右回りするコース。家を出たのが13時過ぎと遅く、また雨が降りそうだったので内回りを走ることに。

拡大地図を表示

[G2:1488]

家族で河口湖へ。自転車で1周して、温泉に入るのが目的。

荷物室に娘のルイガノ、バックキャリアTERZO SARIS に私のロードと妻のMTBを積んで出発。私の車は1200ccの小型車だが、日帰り旅行なら3人と3台とを積める。ホイールをはずせば、4人4台いけないことはないかも。

[G2:1474]

半年近く前に買った、Sierra Designsのメッセンジャーバッグ。持ってる人を見たことがないので、あんまり売れてないのかな。

メッセンジャーバッグとしての機能はちゃんとおさえていながら、あまりメッセンジャーっぽくないデザインが特徴。ピストな人には全然似合わないかも。あと、右肩掛け。私は右利きで、普通のバッグは左肩掛けなのだが、メッセンジャーバッグは右肩掛けのほうが好き。圧倒的に操作性が良い。特にヒモの長さの調整。

[G2:1437]先週の湯河原に続き、足湯シリーズ第3弾は、熱海。念の為、私は特に温泉も足湯も好きなわけじゃない。娘が足湯マニアなのです。

西湘バイパスが台風のせいで不通なので、電車で行く。藤沢から普通列車で1時間。私は熱海は初めて。妻は幼稚園児の頃に来たことがあると言う。

熱海はさすがに湯河原と違って、結構賑っている。とりあえず、メインの目的である駅前の足湯「家康の湯」へ。本物かどうか知らないが間欠泉になっている。

[G2:1430]埜庵でかき氷を食べた後、片瀬の西浜へ。

快晴。台風の後の浜辺は、色んなものでいっぱい。風はまだメチャクチャ強く、吹き上げられた霧状の海水で眼鏡がすぐに曇る。

空気は澄んで、江ノ島がくっきりと目前に見える。スカっと爽やかとは、まさにこのこと。

台風9号来襲。私の乗った電車は次の駅、辻堂でストップしたみたい。ギリギリセーフ。仕事はたんまりあって、帰ろうかどうしようかかなり悩んだのだが、ナイス判断。明日は大変だけども。つーか電車動くのかな。

こんな強風は初めてかもしらん。ベランダの窓を開けられない。ちょっと開けたら、カーテンがレールごとすっ飛んで行きそうになった。廊下の自転車は倒れちゃったので、家の中に入れた。

[G2:1352]

私の娘はすっかり足湯マニアである。昨日に続き今日も足湯に浸かりたい、ということで湯河原へ向う。1号線を走っていると辻堂あたりで、妻の友人、茅ヶ崎に住む男運のないHちゃんから電話。男運のないことに由来する理由で家にいたくない、今すぐピックアッププリーズ!ということで、急遽Hちゃんの家へ。何ともタイミングの良いことよ。

Hちゃんを乗せ、西湘バイパスから真鶴道で湯河原へ。とりあえず湯河原駅近くに車を停め、観光案内所のおばさんに見所を聞く。おばさんは情熱的に説明をしてくれるが、これがうんざりする程冗長。かぼちゃプリンとか、何で湯河原で食べなきゃなんないの。そんなに無理矢理説明しなくてもと思いつつ、名所はもういいから、この近辺でお昼を食べたいのだがと水を向けると、これまたものすごく無理矢理で、あげくにはファミレスの説明まで始めたので退散。

[G2:1291]何か分からんが、娘の希望で「くりはま花の国」へ。

コスモスの花で有名な所であるが、娘の目的はゴジラのすべり台とハーブの足湯。取り壊しの始まった海の家を右手に見ながら、134号線をひた走り、横須賀は久里浜へ。

コスモスはまだ咲いておらず、花の国は閑散としていた。コスモスが咲いても閑散としているのかもしれない。とにかく、人が少なかった。セミの声だけがやたらと響きわたる。当方、人が少なく、運営者がやる気のない施設は大好きである。関西では八瀬遊園がその筆頭で大好きであったが、ここもかなりのものである。売店等はほぼ廃墟と化している。運営は「横須賀・西武パートナーズ」。素晴しい仕事しなさっぷりである。