宮ケ瀬ダムに行ってきた

カーナビを買い替えたので、車でおでかけ。今日はわりと近場で子供も喜ぶ宮ケ瀬ダムへ。

宮ケ瀬ダムは首都圏最大のダム。1971年より特定多目的ダム事業としてスタートし、運用は2001年から。奇しくも、それぞれ妻と娘の生れ年。堤高156m。重力式コンクリートダムとしては国内第2位。堤体積は206万立方メートル。これは国内の重力式コンクリートダム中最大。神奈川県民の水甕であり、厚木市民を水害から守り、おまけに発電までする多目的ダムです。総事業費は、3,970億円!

[G2:5370]

まずは、ダム直下のあいかわ公園でお弁当。

[G2:5378]

弁当食ってる側で、なぜか子牛が寝そべっている。撫でようがつつこうが、無反応でひたすら口をモグモグするのみ。

[G2:5386]

さらに、なぜか子山羊と象亀が。どうやら、近くの牧場から持ってきたもののよう。

[G2:5394]

弁当食ってひとしきり遊んだ後、この「愛ちゃん号」でダムへ。

[G2:5402]

あいかわ公園からダムまでは歩いても10分かからんくらいなのですが、これに乗れば楽チンです。

[G2:5474]

ダム。デカい。

[G2:5466]

インクラインが観光用にも使われており、こいつで堤頂まで上れます。

[G2:5410]

中はこんな感じ。野球場みたいです。

[G2:5418]

下りのインクライン。2車線あります。斜度は30数度。スキーのジャンプ台はこれくらいの斜度らしい。ジャンパーの皆さんが如何にクレイジーであるかが分かります。

[G2:5426]

インクラインから見るダム。どんだけひたすらコンクリやねん、とツッコミたくなります。

[G2:5450]

これはたぶん取水施設。

[G2:5442]

堤頂にはPR施設「水とエネルギー館」があります。遊びながら水とエネルギーについて考えよう、みたいな感じでやたらと金のかかってそうな展示がゴロゴロしてますが、半分くらいは「調整中」ということで遊べません。パソコンのエラー画面が出ている展示があり、よくみるとMacOS 8か9のものでした。懐しい。Directorで動いてんのかな。

下りはエレベーター。156mを垂直一気に。歩いてあいかわ公園に戻る。

[G2:5482]

で、噴水でびしょ濡れ。夏は何処へ行ってもこのパターンです。もう飽き飽きしました。

[G2:5506]

帰りに、近くの服部牧場に立ち寄りました。お目当てはこのジェラート。

[G2:5498]

人懐こい馬。

[G2:5490]

攻撃的な鵞鳥。

[G2:5514]

カッコイイ年代物の耕耘機。

帰りはヤビツ峠を通ることに。去年自転車で来て以来。車で通って改めて思うことは、俺ってかなり元気やなということ。最近はヒルクライムはおろか、50km走ることすらほとんどありませんが。来月に迫った「もてぎ7時間エンデューロ」、ちゃんと走れるか不安です。

ヤビツを下り、平塚あたりでゲリラ豪雨に遭遇。まったく前が見えない状態で渋滞。山で雨にあわなくてよかった。

カテゴリー: