湘南サイクリング

「うまい魚が食べたい」ということで、妻とふたりで自転車に乗って横須賀は佐島へ。佐島は湘南ではありませんが。

[G2:597 class=g2image_float_left]

藤沢から佐島へは片道25kmほど。基本的には国道134号線1本。今回はこないだ買ったGPSロガー「i-Blue 747」のテストと、705NKとの組み合わせがどれくらい自転車旅に有用かを検証することも目的です。愛用しているサイクルコンピュータ「CC-CD300DW」も、当然のことながら持っていきました。

705NKにはGPSがついていない。ということで、とりあえずi-Blue 747を買いました。単なるGPSレシーバでもよかったのですが、貧乏症なものでロギング機能つき。本体$97.95、送料$35。

ケータイは長らくtalbyを使っていたのですが、さすがに限界ということで新しく端末を買うことにしました。色々と調べたのですが、auの最近の機種はどれもこれもデカくて不恰好。妻も私も揃ってストレート型原理主義者なのに、1機種もないとはどういうことですかいな。

[G2:4890]

境川サイクリングロード(以下境川CR)は、その名の通り境川沿いのサイクリングロードである。南から、藤沢市、大和市、横浜市(ちょっとだけ)、町田市を跨ぐ、約40km。正式名称は「大和藤沢自転車道」。

境川CRは激烈にほのぼのしてる。「ここはどこの国ですか?」とビックリするくらい見渡す限りの田園が広がり、ウォーキングのオバさん、ママチャリのオバさん、MTBの夫婦、ムチムチのオッさんローディーがまったりと流している。絵に描いたように平和な風景。

[G2:428]

かつて、川端康成が自殺したり、ユーミンがライヴしてたりした逗子マリーナ。今でもドラマやらCMのロケによく使われるようですが、普段はとても静かなので、たまに訪ずれます。もちろんヨットやディンギーに乗るためではなく、独りでボーっとしたり、子供と公園で遊んだりするだけです。

距離は約90kmとたいしたことはないですが、やはり箱根を越えるのはキツい!いや、キツいなんてもんじゃないです。行けども行けども絶望的に続く坂。このコースを走った後の夜は、かなり唸されていたらしいです、私。野球部のシゴキ以来の肉体的苦痛を味あわされました。

南藤沢から134で滑川まで行き、大仏トンネルから帰ってくるコース。所要時間30分弱(ロードバイクで)。時間のない時に、とりあえず走っておく用。あるいはウォームアップ用。